この記事の評価: 0 / 5

Star InactiveStar InactiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 

10年程前は、高値の花であった、ボーズのスピーカも、ネットオークションで安く手にいれることができるようになりました。
昔から、あこがれていた物だけに、大人になった今でも、一度は、手にしたい物です。
ですが、古い物となると、エッジ部分が、えらいことになってしまうものが、ほとんどです。
今回、ボーズスピーカの中でも、定番、301シリーズの初代モデルをネットオークションで、手に入れて、修理してしまおうと思います。
とりあえず、箱と電気的な部分がそれなりに無事そうな物をなるだけ安く手に入れます。

僕の場合、\5020で、この条件に見合う物を落札できました。 しかし、301が、この値段とは・・・。



とりあえず、取引が終わり、無事届きましたところで、音を出して状態を確認します。
オークションのコメント通り、ウーファ、ツィータとも、しっかり、出ています。
しかしながら、エッジから漏れている逆位相の音で、1000Hz~2000Hzあたりの音が、かなり聞こえにくくなっているようです。
当然、この状態で、満足できるわけがないので、この破れたエッジ部分を交換しましょう。
このエッジ、かなり薄いウレタンで出来ているようで、非常にもろくなってしまっています。 すこし、触れただけで、ボロボロと朽ちていきます。
色々とネットを調査していると、この手の修理をやっている先輩方の情報を見つけるわけですが、301を修理したというページは、ないようです。
だからこそ、このページを書いてみたんですけどね。 誰かの役に立てば良いのだが・・。
それはさておき、日本では、このエッジ部分だけを手に入れるなんてのは、普通の人には、なかなかできないようで、オークションで流れている物を落札するぐらいしかありません。
しかしながら、これが、結構な値段で、左右で6000円ぐらいするんですね。 これじゃ、本体の方より高くなってしまうので、ちょっと、やだ。
ということで、海外のサイトで、http://www.speakerworks.net/kits.html スピーカネット?? こんなのが、あるんですね。
他のページの方々もお世話になっているようでしたので、注文してみました。 ちょっと、怖かったですけど、日本にも送ってくれるようでして、しかも、安いんで。
ボーズ301の場合、8インチサイズが、丁度良さそうだったので、注文しました。
この時に、「Angled Inside Edge Surround」のタイプを選びましょう。 詳しくは、ご自分で調査してください。
普通のネットショッピングみたく、カゴに入れて、住所かいて、カードで払います。
カード番号を記載しなくてはいけないので、ご自分の責任でしましょうね。
ということで、注文をすると、メールで、注文確認が飛んできて、2日ぐらいで、発送しましたとメールがきます。
全部で、19ドル + 送料 8ドルぐらいだったと思います。 当然、左右1セットでね。 かなり、安いですよね。
すっかり忘れた頃、2週間ぐらいで、黄色い封書みたいな物に入って届きます。




サイズを合わせてみたところ、ピッタリ一致します。 これには、ちょっと、びつくりしました。
あっ、別にジップロックには、入ってませんよ。 これは、保管用に当方が入れたまま撮影しただけです。

3 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです