この記事の評価: 0 / 5

Star InactiveStar InactiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 

さて、1ヶ月程たって、快調に乗っている、ソリオですが、ちょっと、足りない物がありました。

カーナビ MDV-L504Wを取り付けたのですが、バックカメラは、いらないかなーと思って付けませんでした。

でも、バックの時、フィットより見にくいことがあって、やっぱり付けたくなってきました。

で、取り付けることにしました。

取り付けるカメラの選択ですが、取り付けたドライブレコーダーと同じメーカーのAUTO-VOX CAM 4というやつです。

取り付けの仕上がりが、お上品なのが良いです。

KENWOOD純正のカメラではないので、変換コネクタが必要なので、CA-C100を入手しておきましょう。

では、早速、取り付けてみましょう。

まず、後部ドアの内張りカバーを外します。

 

こいつは、クリップ留めされているだけなので、手でこじ開ければ簡単に取れます。

逆に、はめる時は、上と下を同時にはめ込まないと、クリップ位置が上手くはまらないので注意しましょう。

で、外すとこんな感じですね。

で、カメラの取り付け位置ですが、右中央の赤枠の所にカバーがあります。

このカバーは、奥に取れます。

実は、このカバーの奥にガーニッシュがあり、このカバーを外すことで、ガーニッシュに抜けることが出来ます。

そして、バックカメラは、ガーニッシュに取り付けることになります。

つまり、このカバーを開けて、その奥のガーニッシュに取り付けることになります。

で、ガーニッシュを外すには、バックライトの左右を外さないと取れない仕組みとなっています。

ということで、バックライトを外しましょう。

外すと落っこちるので、養生テープで、ボディに留めておきましょうね。

裏のボルトを外して、コードを抜き準備完了

で、バックライトは、クリップでハマっているだけなので、引き抜けば取れます。

しかし、横の噛み込みのようなのが邪魔をしているので、上手く外してから、引き抜いて下さいね。

取れたバックライトです。

取れるとこんな感じになるので、中央のガーニッシュも引き抜ける状態となります。

やっと、ガーニッシュのカメラ取り付け位置に辿り着きました。

実は、ここが大変で、取り付け位置は、カバーになっているので、ネジ一本で簡単に取れます。

しかし、これを加工して、カメラを取り付けるのが面倒だったのです。

2.8cmの穴を開ける必要があり、たまたま持っていた、ドリルでごりごり穴を開けて削ってやりました。

本来、AUTO-VOX CAM 4 に内包されているホールソーが入って無かったので、こういうことになりました。

まっ、根性でなんとかなりましたけど。

後は、適当にバックライトから電源をとり、車体左側上にカメラ配線を行い、ピラーから下に下ろし、ナビに取り付ければ完了です。

 

仕上がりは、こちら

 

9 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです