この記事の評価: 0 / 5

Star InactiveStar InactiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 

サイクリング好きの人には、有名な しまなみ海道

ちょっと、行ってみたいなと思ってました。

それを人に話したら、ノリノリになってしまい、本当に行くことになりました。

しかも、日帰りで

なかなかの強行で、午前2時30分出発して、尾道に向かい、7時からサイクリング開始となってしまいました。

ちょっと、想定していた感じとは違ったんですが、まー、日帰りの方が都合がつきやすいんで良いっか。

本格的なサイクリングではなく、尾道でレンタサイクルして、70Kmの行程を、ひたすら進むことになりました。

で、レンタサイクルなんですが、夏休みということで、早朝、オープン前から、そこそこ人が並んでおり、良い自転車が、どんどん無くなっていくような状態でした。

6時30分ぐらいから並んだので、10番ぐらいで選ぶことが出来ました。

10番手で、選択肢が色々あったのに、リーダーが、ママチャリをチョイスするという、不毛な行動を取り、後々、大変な目にあっていました。

カゴ付きが良いとの理由らしいです。 70Kmのサイクリングで、その理由は、どうかと思います。

ギアが3段階しかなかったので、終始、小野田 坂道君バリに高速ケイデンスをしていました。

 

 私は、普通に、そこそこ早そうなクロスバイクにしたので、上り以外は、全く問題無く走行出来ました。

しかし、今までに何キロ走ったんだろーかと思う風貌です。

で、もう一人は、一番良さそうなのを選んだのですが、体重が100Kg超えなのが原因かわかりませんが、ギアが変わらない状態となってしまい、大変なことになってしまいました。

たまに、ギアが抜けて、足がかっくんするのを見て、笑ってました。

最初は、尾道から向島まで、渡船で移動します。 ちなみに運賃110円です。

さー、船を降りたら、今治まで、漕ぎ続けます。

こういった橋が、6個あるんですが、この橋に登り着く道が、めちゃくちゃしんどいです。

で、橋を超えると、気持ちの良い下りがあって、海岸線を走り続けます。

この海岸線を走る疾走感と、景色を楽しみながら走るのが醍醐味でしょうか。

ゆずの歌に出て来そうな海に向かう道路

そして、高速ケイデンスのリーダー

常に、笑ってやりました。

ということで、今治駅に到着ということでゴールです。

ゴールしたところで、自転車を返して帰るだけですけどね。

帰る方法は、しまなみライナーというバスで、因島大橋まで行って、おのみちバスに乗り換えて、尾道駅に戻れます。

 

7 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです