この記事の評価: 0 / 5

Star InactiveStar InactiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 

話題のGoogleによる AI フレームワーク TensorFlowですが、Ubuntuで構築してみました。

 

1.

必須パッケージ  Python3をセットアップします。

sudo apt-get install python3 python3-dev python3-pip python3-venv

 

2.

環境構築

pyvenvにて、TensorFlow用にPython3環境を整えます。

homeディレクトリ等で、以下のコマンドを実行します。

pyvenv py3

すると、[home]/py3 ディレクトリが構築されます。

これは、python3によるTensorFlow専用環境となります。

この環境を実行環境とするには、(bash用)以下のコマンドを実行します。

source py3/bin/activate

 

 

pipのアップグレード

pip3 install --upgrade pip

 

テンサルフロー インストール

pip3 install --upgrade tensorflow

 

IDE環境

コマンドで、チョロチョロと作業するのも良いんですが、面倒ですので、IDE環境を用意します。

pycharm

ダウンロードして、bin/pycharm.sh実行

https://www.jetbrains.com/pycharm/

 

 

3 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです