この記事の評価: 1 / 5

Star ActiveStar InactiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 

Android携帯を手に入れました。

またまたまた、ヤフオクです。

約1万円です。

 

で、OSを2.3.3にUpして、Root化しました。

ついでに、Fontも入れ替えました。

Fontの入れ替えは、いつか書きます。

 

 

HT-03Aのハード性能の低さが、嫌になってきたので、入手することにしました。

極めて、良好です。

いままで、使ってきた携帯端末では最高に使えるやつです。

それに、イオン B-mobileとの相性も抜群に良過ぎます。

SO-01Bから動画配信する方法は、ここをクリック

 


では、2.3.3にアップグレードをする方法です。

 

用意するもの

 

  • Sony_Ericsson_PC_Companion
  • x10_2.3_aro.ftf
  • FlashTool_0.2.9.1.exe

 

手順

1.FlashToolのセットアップを行います。
FlashToolを適当なところにセットアップする。 ディレクトリに解凍されるだけのようです。

2.ファームを準備
FlashToolのfirmwaresにx10_2.3_aro.ftfを置きます。

X10FlashTool.exeを起動します。

※FlashToolの\SonyElic\drivers\ggsetup-2.2.0.10.exeをセットアップすれば、USB接続できるようになります。

SO-01Bの設定->アプリケーション->開発->USBデバッグにチェックを付けて、PCに接続します。


3.X10FlashTool.exeで焼きます。

Flashボタンを押して、X10 2.3 aro を選択して、OKボタンを押すと開始します。

画面の指示に従って、PCから切断して、電源をOffにし、戻るボタンを押しながらPCに接続すれば、進行するはずです。

 

4.新たにUSB接続を行う
Sony_Ericsson_PC_Companion_2.01.210_Webをインストールする。
これで、2.3.3にて、USBデバッグ接続できるようになる。

 

 


2.3.3化に成功すれば、次にRoot化ですよね

用意するもの

  • Sony_Ericsson_PC_Companion
  • FlashTool_0.2.9.1.exe
  • X10_aZuZu_Kernel_Downgrade_Generic.ftf
  • X10_aZuZu_Kernel_UpGrade_Generic.ftf

Root化手順
1.
FlashToolのfirmwaresに以下を置きます
X10_aZuZu_Kernel_Downgrade_Generic.ftf
X10_aZuZu_Kernel_UpGrade_Generic.ftf

2.

PCに接続して、X10_aZuZu_Kernel_Downgrade_Generic.ftfをFlashします。
画面の指示に従って、PCから切断して、電源をOffにし、戻るボタンを押しながらPCに接続すれば、進行するはずです。


3.

再起動後

Sonyericssonのロゴでフリーズしてから、FlashToolにて、Rootボタン押下

ログに以下が出るまで、3を繰り返すのですが、出なかった場合、バッテリーを入れ直してから電源を入れて繰り返して下さい。
Installed version of busybox : BusyBox v1.17.2 (2010-09-05 03:37:08 CDT) multi-call binary.

4.
X10_aZuZu_Kernel_UpGrade_Generic.ftfをFlashするのですが、USB を外した後、Xperia のバッテリーを外し、 1分待ってバッテリー装着 <-必ず、待って下さい。

戻るボタンを押しながらUSB接続します。
うまく、反応すれば、Flashします。

成功すれば、USBを外し、電源を切り、再立ち上げを行います。

 

これで、完了です。

後は、テザリング等を試してみて、2.3.3を堪能して下さいね。

 

 


 

フォントの入れ替えですが、まず、フォントをどっかから取ってくるしかありません。

日本では独自に絵文字が存在するので、それを入れる必要があります。

たぶん、古いファームの時にフォントを取っておいて、2.3.3ファームを入れた時に入れ替えればできるでしょうね。

とりあえず、フォントの入れ替え方法だけ書いておきますので、フォント自体は、どこかから手に入れて下さい。

それと、この作業は、Root化必須です。

用意するもの

  • Sony_Ericsson_PC_Companion
  • AndroidSDK
  • DroidSans.ttf
  • DroidSans-Bold.ttf
  • DroidSansFallback.ttf
  • DroidSansJapanese.ttf

手順

1.

AndroidSDKを使って、フォントをコピーします。

以下のコマンドで、フォントをSDカードに書き込みます。

adb push DroidSans.ttf /mnt/sdcard/DroidSans.ttf

adb push DroidSans-Bold.ttf /mnt/sdcard/DroidSans-Bold.ttf

adb push DroidSansFallback.ttf /mnt/sdcard/DroidSansFallback.ttf

adb push DroidSansJapanese.ttf /mnt/sdcard/DroidSansJapanese.ttf

 

2.

入れ替えを行います。

ターミナルに入ります。

adb shell    <- Dosプロンプトで実行

su -           <- ターミナルで実行 スーパーユーザーになります。

mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system     <- システムのリマウント

cd /mnt/sdcard/    <- オリジナルフォントの保存

mkdir original

cp /system/fonts/DroidSans.ttf /mnt/sdcard/font/original/.                    <- フォントの入れ替え
cp /system/fonts/DroidSans-Bold.ttf /mnt/sdcard/font/original/.
cp /system/fonts/DroidSansFallback.ttf /mnt/sdcard/font/original/.
cp /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf /mnt/sdcard/font/original/.
cp DroidSans.ttf /mnt/sdcard/font/original/.
cp DroidSans-Bold.ttf /mnt/sdcard/font/original/.
cp DroidSansFallback.ttf /mnt/sdcard/font/original/.
cp DroidSansJapanese.ttf /mnt/sdcard/font/original/.

3.

exit

exit

以上で、再起動すれば入れ替え完了です。


追記

Firefoxが、インストールされていますが、通常の方法では、インストールできません。

MozillaのFTPサーバから、fennec-6.0.multi.eabi-arm.apkを取ってきて、ファイルマネージャのような物でインストールします。

 

 

3 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです