記事インデックス

 

このサイトは、FreeBSDで構成されています。

FreeBSDとの付き合いは、10年以上経ってしまって、いつから使い始めたか忘れたぐらいです。

いまだに、2.1.5のパッケージを持っています。

FreeBSDは、省メモリで安定度が抜群だったので、ずっと使い続けられるOSです。

Linuxも使っていたのですが、ディレクトリ構成やコマンドがBSDと異なったり、ライブラリの依存関係が複雑で管理しきれなくなったので、やめてしまいました。

そんな、このサイトのFreeBSDですが、この前、9.1にアップしてみました。

上げるつもりは、なかったんですが、ハードを交換したときに、OSがLANを認識しなくなってしまったので、OSを上げざるえなくなってしまいました。

ついでに、ブートからZFSに変更しました。

ZFSでブートする方法は、ここのページを参考にしました。

とても、わかりやすかったです。

こだわりは、省電力です。

前使っていたハードは、M2A-VMというSocketAM2のマザーでした。

全体で、50Wくらいあったので、なんとか電力量を抑えたいと思いまして、NEC PC-VY16AというCore2Duo 1.6GHzの物を使ってみました。

すると、25Wくらいまで抑えこめたのですが、拡張性に乏しく問題がありました。

サーバということで、ZFSによるミラー構成にしていたのですが、どうしても、外付けでハードディスクを増設する必要があり、無駄な電力を発生させていました。

 この前、ITXマザーのATOMをベースにしたシステムに変えてみようと、ショップにいったところ、NM-70Iというマザーボードに目がいってしまいました。

TDP 17WのSandy Bridge版Celeron 847 を搭載した省電力かつ高性能なバランスの製品です。

最初は、ATOMを買うつもりだったのですが、ある程度の性能もほしいし安かったので決めてしまいました。

持って帰って、前のFreeBSD 8.1が入ったHDDを取り付けて起動したところ、LANが認識しないということになったので、9.1を新たに構築することにしました。

 ケース無しのタンスサーバにして、電源は、350W ATX電源を流用することで運用を開始してみました。

すると、35W程度の電力量となってしまいました。

問題は、電源ですね。

電源って、最高出力の50%程度付近が効率良く出力できる設計らしいです。

350Wの電源は、大きすぎました。 しかも、省電力でもなんでも無いボロイやつです。

とりあえず、小さい電源を手に入れる為にヤフオクであさっていたところ、95W電源があったのでウォッチしてみました。

AcBel API-9748という電源で形状からしてATXでは無かったのですが、ケースなんて使ってないんで20Pinと4Pinがありゃーいーやということで、180円で落札することに成功しました。

すると、効果てきめんで、25Wにまで落とせました。

色々、調べていると、TDP 9WのAMD C6も良さそうなので、浮気しそうです。

 

このサイトの写真ですよ

下段が電源コンセント部屋で、一応 OMRONのUPSでバックアップしています。

ヤフオクで1円落札したゴミ寸前の物ですが、1分くらいは、もつようです。

 

この構成で、USBを/varにマウントして使っているんですが、リブートしなくなってしまいました。

シャットダウン時にUSB のShutdownがCompleteにならないようです。

解決策をご存知の方、教えて下さい。

 

Joomla templates by a4joomla