印刷
カテゴリ: FreeBSD
参照数: 2077

すごい、たまーに

ディスクを拡張したりする時に、忘れないように作業手順を作ります。

zpoolのミラーからディスクをデタッチする。

 

物理ディスクとgeomラベルの確認方法

物理デバイス

# camcontrol devlist

<SAMSUNG HM500JI 2AC101C4>         at scbus0 target 1 lun 0 (ada1,pass1)

<TS8GCF133 20110407>               at scbus0 target 0 lun 0 (ada3,pass0)
これで、デバイス名がわかります。

# zpool status

  pool: zroot
 state: ONLINE
  scan: resilvered 139G in 0h38m with 0 errors on Mon Jan 14 12:46:04 2013
config:

    NAME         STATE     READ WRITE CKSUM
    zroot        ONLINE       0     0     0
      gpt/disk1  ONLINE       0     0     0

      gpt/disk2  ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

これで、zpoolに入れているディスクを確認します。

# glabel status

                                      Name  Status  Components
gptid/592afaf0-5df7-11e2-a600-eca86b27c1dd     N/A  ada1p1
                                 gpt/disk1     N/A  ada1p2
gptid/e2b45110-3cb4-11e4-8821-eca86b27c1dd     N/A  ada3p1
                                 gpt/disk2     N/A  ada3p2
gptid/0eda4da7-3cb5-11e4-8821-eca86b27c1dd     N/A  ada3p2
これで、geomラベルとデバイス名の繋がりを確認します。

 

# zpool detach zroot gpt/disk2

これで、zpoolからディスクをデタッチします。

 

次に新しいディスクをミラーに追加します。

camcontrol devlistで、デバイス名を確認します。

後は、そのデバイス名に対して、以下を実行します。

# gpart create -s GPT [dev]
# gpart add -t freebsd-boot -l [label1] -b 40 -s 512K [dev]
# gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 [dev]
# gpart add -t freebsd-zfs -l [label2] -s 995G [dev]

※上記の太字を環境に合わせて修正して下さい。

例)

dev = ada3

label1 = boot2

label2 = disk2

 

いよいよ、最後の仕上げ、ミラー化です。

# zpool attach zroot gpt/disk1 gpt/disk2