印刷
カテゴリ: スマートフォン
参照数: 1081

モバイルネットワーク業界も混沌としてきました

菅政権のおかげで低価格競争が始まり、大手各社 低価格プランが発表され、楽天モバイルがピンチになるかと思いきや

バージョンアップしてきましたね

発表の日の中継をネットで見ていたのですが、三木谷さん若干、緊張されていたような感じでしたかね

まーそれは、ともかく、新プラン(2021年4月から)の核は、1GBまで無料ですか

アッパーは、2980円なんで、そりゃーそんだけぐらいは、ほしいでしょうな

このプランでいけば、1年無料組の大量離脱は阻止出来るかもしれません

せっかく、身銭を切って会員増やしたのに有料になったとたん、解約が続出では、先行投資の意味が無いですもんね

良い作戦です

で、発表の時に2021年1月下旬時点で、会員数220万人とかって言っちゃってました

300万人までが無料枠なので、このまま行けば 3月一杯ぐらいで、終わりそうな

これは、勿体ないですよ

なんとか、もう一つ無料契約出来ないか調査したところ、家族でも別ユーザーであればOKだそうな

ということで、クレジットカードの家族会員を支払い先にして、別ユーザーで申し込んでみたところ大丈夫そうでした

      

やったー、無料契約が2つです

2つ目の契約は、Rakuten Wifi Pocket というルーターを同時購入しました

2020年12月に発売されたようで、1円ルーターです

今回は、手数料もとられずに、1円だけで済みました

なんてお得なんでしょう

しかし、来年、無料契約が切れた後のロス状態が怖い

こんな激安ルーターなんで、速度は期待しない方が良いでしょうね

そこそこのスピードで繋がればOKです

   

スマホとPCで、測定してみました。

無線規格が 11nまでなんで、こんなもんでしょうか

いやー、無料でこれだけのサービス提供をしてまで モバイル業界に参入するなんて、楽天さんって、そんなに儲かってるんですかね

これぐらいしないと生き残れないのかなぁ