印刷
カテゴリ: スマートフォン
参照数: 190

Gitリポジトリって、自分で立てるのも良いですけど、やっぱりネット上で立てる方が便利ですよね。

そんなGitを使ったアプリを開発したんですが、普段開発とかしない人にとっては、Gitって何? っ感じになるでしょう。

ということで、共有暗号ノート で使っている Gitを Githubで作成して 使う方法を記載しておきます。

 

Githubを使うには、アカウントを作る必要があります。

Githubのホームページから Sign up を行いましょう。

まず、Sign up を押下し、必要な情報を入力しましょう。

最後に、Create Account を押下し、次に進みます。

 

すると、メールに8桁の番号が送信されるので、メールを確認して入力しましょう。

これで、アカウント作成完了です。

 

今度は、Sign in でログインしてみましょう。

こんな感じでログイン出来れば成功です。

 

次にアプリの操作です。

まず、Git接続用のSSH鍵を作成します。

鍵名を入力してOKを押下すると、以下のように作成出来ます。

これをGithubで作成するリポジトリに登録することで、Gitに接続出来るようになります。

 

 次にGithubに接続します。

Githubに登録したアカウントでサインインします。

 

 サインインが成功すると、上のような画面になります。

 次にリポジトリを登録します。

+を押下して名前(アルファベット数字のみ)を入力して登録します。

作成したリポジトリに作成したSSH鍵を登録します。

SSH鍵 登録を選択すると、以下のような画面になるので、鍵を押下します。

最後にリポジトリを手帳に登録します。

手帳登録を選択すると以下のような画面になるので、手帳の名前とSSH鍵を選択し OK を押下します。

これで、GithubのGitリポジトリに紐づいた手帳が登録完了しました。

 

家族や友達と共有する場合、相手にSSH鍵を作成してもらいます。

その鍵を選択し、公開鍵出力を行うと鍵がコピーされます。この内容をメールやラインにペーストしてもらい自分に公開鍵を送信させます。

受け取った公開鍵をGithubのリポジトリに登録することで、相手もGitに接続することが出来るようになります。

Github画面で、SSH公開鍵 登録を選択すると、鍵名と公開鍵の入力が出来るので、適当な鍵名と公開鍵に受け取った文字列(公開鍵)をペーストすることで登録出来ます。

次に、共有対象の手帳のGit URL をコピーして相手にメールやラインで送信します。

相手に手帳の追加をしてもらいます。

Git URL に、送ったGit URLを入力してもらいます。

認証方法をSSH鍵にして、SSHユーザーをgit、 SSH鍵を作ってもらったSSH鍵を選択しOKを押下することで完了です。