記事インデックス

 15年ぐらい使っていたスピーカーのエッジがやぶれてしまいました。

リビングで使用していて、何か低音が響かないなーと思って、ネットの奥を覗き込むと、案の定やぶれていました。

やっぱりここは、張替えしか無いと決断し、BOSEの時と同じ業者へ注文し、エッジを手に入れて修理しました。

サイズは、6 1/2 Inch Kit - Angled となります。  支払いは、PayPalで行うと安全でスムーズに決済できますよ。

まずは、ネットを外す作業から行います。

ネットは、普通に引っこ抜く感じで、強引に引っ張ると外れます。

最初に外す時は、接着剤のような物で固定されていたので、きついかと思いますが、ここは頑張るしかありません。

ネットを外した後は、スピーカを外します。

これは、周りのネジを外せば、カパッと外れます。

 

外したスピーカのエッジは、触れるだけで、ボロボロと剥がれてしまいました。 

数年間の老朽化がウレタンを腐らせてしまったんですね。

とりあえず、エッジを綺麗に取り除き、まわりの紙も出来るだけ元の形状が残るように外します。 

カッターでそぐように剥がしていきます。 ※くれぐれも怪我の無いように、軍手等をして作業しましょう。

ここの作業がやはり要でして、 かなり綺麗に剥がさなければ、新しいエッジの張替えが難しくなりますので、気を付けて下さい。

Joomla templates by a4joomla